日本国内に始めてウイスキーが持ち込まれたのは江戸時代末期のペリー来航の時で、サスケハナ号にて奉公や通訳が歓待された際にウイスキーが振る舞われたそうです。また、1871年には猫印ウイスキーが日本人の為に始めて輸入されたウイスキーとなり、明治時代末期頃から大正時代にかけて本格的ウイスキーの製造に向け活動が開始されました。

摂津酒造は技師として竹鶴政孝をウイスキーの名産地であるスコットランドに派遣。
ジャパニーズウイスキーの製造はスコッチウイスキーの製造を再現する事から始まり、余市が国産ウイスキーのメッカとなったのは機構や地形が似ているからなのです。

日本人の舌や文化に合わせて、スモーキーフレーバーは抑えめな作りとなっています。