ここではスコッチウイスキーの製造工程について書いています
穀物を原料とし、糖化、発酵蒸留を行い、木製の樽に貯蔵し熟成させた酒類
のことを
一般的にウイスキーと呼びますが、国やその地域によってその定義は様々です。
ここでは教科書通りのスコットランドを模範としたウイスキー定義の製造工程について載せようと思います。
『 』マークの部分はより詳細な記事に飛ぶリンクになっています。

①整麦工程

  • まずはウイスキーを作る際の基本的な材料を見ていきましょう。
    材料は主に 『水』 『穀物(大麦)』 『酵母』 からなります。
  • 整麦とはウイスキーの材料である穀物を糖化するための準備を行うことを言います。
    『整麦 malting』

②糖化工程

  • アルコールを作り出すためには、酵母が糖分を食べて作り出します。
    その為に穀物の中に糖分を作り出す必要があります。
    『糖化 mashing』

③発酵工程

  • 『マッシュタン』という発酵槽に糖化した麦汁と酵母を投入し、発酵工程に入ります。
    これにより酵母が糖分を食べアルコールを作り出すのです。

④蒸留工程

  • 蒸留という工程は人間が作り出した発明です。
    ビールやワインとは違く、人の手によって初めてできるお酒なのです。
    『蒸留 』

⑤熟成工程

  • 熟成とは、蒸留で出来たニュースピリッツを『樽 cask』に入れ、樽の成分が溶解、また蒸発を繰り返しスピリッツにウイスキーならではの香り、味、余韻を作ります。

⑥瓶詰工程

  • 何年も樽の中で眠っていたウイスキーを製品ボトルに入れ、完成です。
    ボトルに入れる前に味を調整されます。
    その工程は飲みやすい度数に調整される『加水』や
    不純物を取り除く『濾過工程』。『ブレンド』『ヴァッテング』などがあります。
    樽からそのまま瓶詰される『カスクストレングス』なども『ボトラーズ』の貢献により近年では大変人気です。