アイリッシュ・ウイスキーの特徴と味わいについて

アイリッシュ・ウイスキーの特徴と味わいについて

アイリッシュ・ウイスキーの特徴と味わいについて

世界5大ウイスキーの1つに数えられている、アイリッシュ・ウイスキー。
スコッチやバーボンに比べると、日本で目にする機会が少ないため、あまり詳しく知らないという人が多いのではないでしょうか?
今回は、そんなアイリッシュ・ウイスキーの特徴や種類、おすすめの銘柄についてご紹介します。

「アイリッシュ・ウイスキーって何?」

「アイリッシュ・ウイスキーってどんな味がするの?」

「アイリッシュ・ウイスキーのおすすめ銘柄は?」

と疑問に思っている人は、ぜひご一読下さい。

アイリッシュ・ウイスキーとは?

アイリッシュ・ウイスキーとは、イギリスのアイルランドで生産されているウイスキーのことを指します。
同じイギリスのウイスキーであるスコッチ・ウイスキーのように、樽を燻製にしないため、穀物本来の香りが楽しめるのが特徴です。
また、シェリー樽やラム樽を使って3年以上熟成させるため、芳醇で滑らかな味わいが堪能できるでしょう。
アイリッシュ・ウイスキーの製造が始まったのは、6世紀。
アイルランド出身の僧侶が、香水作りの蒸溜技術を酒造に応用したのが始まりだと言われています。

アイリッシュ・ウイスキーを救ったカクテル「アイリッシュコーヒー」

アイリッシュコーヒーとは、アイリッシュ・ウイスキーに砂糖とコーヒーを加え、生クリームを浮かべたウイスキーカクテルのことを指します。
歴史が深く、最盛期は世界の6割以上のシェアを誇っていた時期もあるアイリッシュ・ウイスキーですが、19世紀に危機を迎えることになります。
主な輸出先の1つであるアメリカ合衆国で、お酒の販売や製造を全面的に禁止する「禁酒法」が実施されたのです。
禁酒法のあおりを受け、以前よりも売上が落ち込んだため、アイリッシュ・ウイスキーの生産は縮小していきました。
また、アメリカで密造されていた粗悪なウイスキーにアイリッシュ・ウイスキーラベルが貼られていたことから、「アイリッシュ・ウイスキーは、粗悪なウイスキー」という評判が世間に広まってしまったのです。

そんなアイリッシュ・ウイスキーの運命を変えたのは、なんと航空業界でした。
1950年代、アメリカとイギリスを結ぶ飛行機は、途中の燃料補給の際、寒空の下で乗客を待たせなければなりませんでした。
しかし、それを哀れに思った空港のバーテンダーが、アイリッシュ・コーヒーを乗客に配布した所、大好評を得ます。
このことがきっかけに、再びアイリッシュ・ウイスキーの需要は増えていったのです。

 

アイリッシュ・ウイスキーの種類

アイリッシュ・ウイスキーには、以下の4種類が存在します。

・ピュアポットスティルウイスキー

・モルトウイスキー

・グレーンウイスキー

・ブレンデッドウイスキー

まず、ピュアポットスティルウイスキーは、麦芽させた大麦と、麦芽させていない大麦の両方を原料に使用し、3年以上熟成させたウイスキーのことを指します。
麦芽させていない大麦を使用しているため、ややスパイシーな味わいが特徴です。
また、代表的な銘柄として、レッドブレストやグリーンスポットがあげられるでしょう。
次にモルトウイスキーは、麦芽させた大麦を原料に使用したウイスキーのことを指します。
2~3回蒸溜をしているため、まろやかな味わいが特徴と言えるでしょう。
主な銘柄として、ブッシュミルズやミラーズがあげられます。
またグレーンウイスキーは、トウモロコシやライ麦を原料に使用したウイスキーです。

味わいに癖がないため、主にブレンデッドウイスキーを造る際の原料として使用されています。
最後にブレンデッドウイスキーは、様々な銘柄のウイスキーを混ぜ合わせたものを指します。
多くの場合、グレーンウイスキーとモルトウイスキーの両方を使用するため、飲みやすいのが特徴と言えるでしょう。
代表的な銘柄として、ジェムソンやタラモア・デューがあげられます。

アイリッシュ・ウイスキーのおすすめ銘柄

グリーンスポット

https://www.instagram.com/p/CGrzIyhMAI3/?utm_source=ig_web_copy_link

グリーンスポットは、ミドルトン蒸溜所が生産するピュアポットスティルウイスキーです。
シェリー樽で8年熟成させているため、芳醇な赤ワインのような香りと、はちみつのような甘くややスパイシーな味わいが特徴と言えるでしょう。
ゆっくりと味わえるお酒が好きな方におすすめです。

ブッシュミルズ

ブッシュミルズは、ブッシュミルズ蒸溜所が生産するブレンデッドウイスキーのことを指します。
蒸溜を3回しているため、口当たりが滑らかなのが魅力と言えるでしょう。
バニラとカラメルを思わせる甘く香ばしい香りと、果実のようなフルーティな味わいが特徴です。
非常に飲みやすいため、初めてアイリッシュ・ウイスキーを飲む方におすすめです。

まとめ

今回は、アイリッシュ・ウイスキーの特徴やおすすめの銘柄についてご紹介しました。

下記が当記事のポイントです。

・アイリッシュ・ウイスキーはアイルランドで生産されているウイスキーのこと

・燻製にしていない樽を使用し、3年以上熟成させるため芳醇で滑らかな味わいが特徴

アイリッシュ・ウイスキーに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です